利根川といえば、関東地方を北から東へ流れて太平洋に流れていく川ですね。
有名ですが、一級河川に指定されています。
規模としては日本最大級で、東京都を始め、首都圏の水源として日本国内でも重要な役割を果たしています。

地下資源も豊富なようです。
1895年頃の足尾銅山は有名ですね。
銅産出量はすごかったのですが、現在では閉山しています。
利根川流域における地下資源としては金、銀、銅、マンガン、鉄などの金属資源が存在します。
石灰石、硫黄、天然ガスなどの非金属資源も存在します。

特に銅は先程の足尾銅山が有名ですね。
日本の銅産出量の40%強ともなっていたとのことですから驚きです。

川は群馬県からスタートしているとのことですからかなり日本の中でも長いのですね。
自然に囲まれており、様々な動物や魚類なども生息しています。

私は東京に住んでいるのでなかなかこういったことには目が向かないかもしれませんが、身近に自然が豊富にあるということは良いことですね。
実は近くに川が流れていたりもするので今度見に行こうと思います。